産後うつは出産を経験する女性であれば誰にでも可能性はあります

周囲から理解する

誰にでもおこりえます

赤ちゃんがおなかにいるときは、「早く生まれてくればいいな。」と楽しみにしているのですが、いざ生まれてくると、夜泣きもするし、授乳がうまくいかないといった悩みが出てきます。育児書通りにいかないのが子育てで、自分の思ったとおりにいかないのが普通のことなのですが、完璧主義を求めるとさらに自分を追い込み、産後うつの原因になるのです。 育児書は2千円程度で購入できますが、どれも一般的な子育てのように書いてあります。それをそのまま自分の子どもに当てはめてしまうと、育児書のようにうまくいかないのが当たり前です。できないことが自分を責める原因になり、それが産後うつへと移行していきます。周りの人が早くそれに気付いてあげることが大切です。

産後うつは周りの理解が大事です

産後うつは自分では気づきにくいので、周りがいつもと違うことを感じてあげましょう。昔は大家族で生活していたので、子育ては家族全員でするものでした。ですから産後うつのような悩みを抱える人はいませんでした。 しかし核家族化が進み、ほとんど昼間は母親一人で子どもの面倒を見なくてはならない状況です。誰にも相談できずに、産後うつが進行すれば我が子がかわいく思えなくなるのです。「この子さえいなければ。」といった気持ちになり育児放棄をしてしまうこともあるのです。 産後うつになってしまったら、周りの人がしっかりサポートしてあげましょう。まずは、育児の大変さを理解してあげることです。周囲の人が育児の大変さを共感してあげることが大事です。

心療内科を受診してみましょう

俗にマタニティブルーと呼ばれる症状が現れたら、産後うつの可能性があります。出産後の女性がかかりやすい産後うつは、発見が難しい場合もあり重症化すると様々な家庭の問題を引き起こすため、早期発見が大切になるのです。産後うつの治療は、現在心療内科でも行なわれています。心療内科では、心のバランスに目を向けながら身体症状も整えていきますので、様々な症状の出やすい産後うつの治療には適していると考えられます。一般の精神科に比べて受診しやすい雰囲気があるのも心療内科の特徴です。産後うつの症状が現れたなら、例えばこういった心療内科を受診してみるのも一つの方法となります。一人で悩まないという姿勢が産後うつでは特に大切になるのです。

産後うつへの理解が高まっているのです

少子化の影響で、少しずつ関心が高まってきたのが育児の負担です。これまでは特に女性にこうした育児の負担がかかりがちでした。昨今はそういった点が問題視されるようになり、徐々に子育てをサポートする態勢が築かれているのです。地域の子育てを支援するセンターも登場しており、総合的な相談窓口として機能しています。各情報サイトでも、産後うつについては詳しく紹介するようになっているのです。このような情報サイトでは、治療の実態や産後うつで現れがちな症状を紹介しており、早目に症状を把握するためにも役立ちます。産後うつは、現在では積極的に周囲の協力を求めて良い病気となっているのです。最近では、産後うつについての情報交換も盛んに行なわれるようになっています。

TOPICS

症状を緩和する為に

真面目な人ほど、自分の思い通りに行かないとストレスを抱える傾向にあるので、日頃から完璧主義な女性は産後うつへの注意が必要です。周りの人も産後の女性の話を聞いてあげながらストレスを解消させてあげることが大切です。

READ MORE

診療科を選ぶ

産後のストレスはどの女性も抱えやすくなり、産後うつになる人も多くいますがどの診療科に行けば良いか分からないという人も少なくありません。産後うつには心療内科や精神科などを受診すると良いでしょう。

READ MORE

情緒不安定になる時は

出産後の精神状態が不安定になり、疲労が続くと産後うつになる可能性があります。もし産後うつの症状に気付いた時は、早めに家族や周囲の人に相談して無理をせずにカウンセリングを受けに行くことが大切です。

READ MORE

Recommend Link

PICK UP

一生懸命の人は注意

何事も一生懸命に取り組み、完璧主義の女性は産後うつになりやすいと言われています。産後の育児は自分1人でできるものではないので、完璧にこだわらずリラックスして育児や家事をすることが大切です。

READ MORE

うつの状態を知ろう

産後の女性が発症する産後うつは、急に涙がでてくる場合や赤ちゃんを見てもイライラする場合などがあり、その症状も長期間続きます。改善する為にも育児に関する悩みは周囲の人に相談するのが良いでしょう。

READ MORE